YAMAHA YTR-8335SKMV

s.n.523×××

 

2013年購入

Xenoの神代修氏監修、

ヤマハのカタログモデルではありません。

東京の永江楽器オリジナルモデルとして

2009年から2014年まで

販売されていた楽器です。

元になっているモデルはXeno第3世代(2001〜2013年)です。

 

楽器名称の「V」は

ウィーンモデルを意味するとのこと。

特徴はロータリートランペットに似た形状の

開きの早い特注YTベルです。

(さらに詳しく説明すると

サイドシームで、フレンチビードではありません。)

この特殊なベルとのバランスを良くするため、

部分的にニューヨークモデルやシカゴモデルと

同じ仕様になっています。

 

音色は粘りの少ないオープンサウンドです。

普通に吹くだけで

バロック音楽を演奏しているかのような

明るく、透明感のある音色です。

 

付属している専用マウスピース

KMV-14は大変カップが深く、

V.Bachの「C」の付かない3番

と同じくらいです。

それを使って吹くと

少し柔らかい音にはなりますが、

基本的なサウンドは変わりません。

 

ただ一つだけ、欠点という訳ではないですが・・・。

あまりにしっかり作ってあるせいでしょうか。

この楽器がきちんと鳴り出すまでには

多くの時間を必要としました

私の場合、4年かかりました)。

この経験からすると、

YAMAHAの実力を知らずに

楽器を手放してしまう人も多いのでは??

根気良く向き合うことで、

期待に応えてくれる楽器になるのだと思います。

 

高価な楽器を買っても

うまく吹きこなせていない奏者には

一度YAMAHAをお試し頂きたいです。

ここに紹介している楽器は初心者には向きませんが、

YAMAHAには他にも様々なタイプが用意されています。

演奏技術や用途、好みに応じて

楽器選びができるようになっていますので、

試奏してみることをお薦めします。


なお、チューニングスライドとインナーベルの

金メッキは後がけです。

他の楽器で良い音色になったので、

この楽器も同じ仕様にしました。

銀メッキと金メッキの良い部分を

1本で味わうことが出来ます。


2014楽器フェアにて

同仕様の楽器がYTR-8335WSとして

YAMAHAから発表されました。

その後は特別生産モデルとして、

YAMAHA銀座本店で販売されており、

永江楽器でも販売中です。

他に金メッキモデルやC管もあります。

 

ただし、元になるモデルが第4世代なので、

ここに紹介した楽器とは音色が違います。

試奏したところ、特徴のあるオープンサウンドが

クラシカルではなくてポピュラー向きに感じました。

音の抜け、反応の良さは増しているので、

気持ち良く吹けると思います。

希少モデルなので、機会があればお試しを!!


-2016年楽器フェア情報-

(2016年11月東京ビッグサイト)

LボアモデルのYTR-8345が復活です。

フェアでは通常のスライド、リバースタイプのスライド、

仕上げはメッキとラッカー、

Bb管とC管など多くのタイプが用意されていました。

ベルは細身の新しいものが組み合わされており、

抵抗感のバランス取りがされていました。

かなりの本気モデルと思われます。

 

Xenoアーティストモデル、シグネチャーモデルでは

対応出来ない演奏者が多いと思うので、

私のような庶民には

選択肢の拡大が期待出来ます。

受注生産モデルのようですが、

販売されるのは

楽器フェアでの展示バリエーションよりは

少ない・・・?


 

戻る / 次へ