Schilke B5-SP

s.n.38×××

 

B5はシルキーの標準モデルで

MLボアのMLベルです。

 

現在は友人の所有となった楽器ですが、

私が購入当時にシルキーを入手するにあたり、

元祖であるBシリーズ

しか考えませんでした。

ヤマハのYTR-734や

YTR-6320を吹いた経験から、

本家本元への興味が

消えることがなかった訳で・・・

音色はキメが細かくて

金メッキの音色に似てはいますが、

「きらびやかな伸びのある音」と「柔らかい音色」を

瞬時に使い分けることができるのが

この楽器の素晴らしいところ。

銀メッキの最大メリットです。

その音色を出すためには、

シルキーのマウスピースを

使用するのがお薦めです。

 

使ってみての感想。

V.Bachとは全く異なる

吹き方が必要になりますが、

基本に忠実に「ニュートラル」な

息のコントロールによって

良い反応を引き出すことができます。

注意すべき点は、

音が遠くまで飛ぶのに

側鳴りが少ないため、

自分の音が聞き取りにくいこと。

それに気付かないと、

無駄にスタミナを使って

遠くで大きな音を

鳴らしてしまうことがあります。


私が所有するB♭管、全ての3番管には

ウォーターキーが付いています。

ここだけは機能性を優先したいので、

この楽器にも付けてもらいました。

アマドゥタイプであれば

最小限の改造で済みます。


 

戻る / 次へ